1. ホーム
  2. 育毛&発毛サプリメント
  3. ≫はげ予防・防止に良い食べ物・食品7選

はげ予防・防止に良い食べ物・食品7選

食生活の乱れがはげや抜け毛・薄毛の原因になっていることもあります。

ハゲ予防・防止のためにおすすめしたい食べ物・食品を厳選して紹介します。

また、食べ物から摂取するのは面倒だという人は補助的にサプリメントを使うことをおすすめします。必要な栄養素をバランス良く配合した育毛サプリメントがあります。

 

牛肉は髪の毛の成分となる良質なタンパク質が豊富

牛肉は、良質なタンパク質を多く含んでいます。

タンパク質は、髪の毛の主成分となっている「ケラチン」を合成するために必要な成分です。

また、牛ヒレ肉には、亜鉛やビタミンB12も多く含まれています。

亜鉛は、タンパク質と同じく髪の毛の主成分である「ケラチン」を合成するために必要な成分です。また、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)抑制が期待できます。亜鉛は現代人に不足しがちな栄養素であるため、意識的に摂取する必要があります。

ビタミンB群は、血行促進や頭皮の酸化防止などの効果が期待できるため、育毛・発毛に必要な頭皮環境を整えることに役立ちます。

 

アーモンドはケラチンの合成に必要な亜鉛が豊富

アーモンドにはビタミンEやポリフェノールの他、亜鉛やビタミンB群が多く含まれています。

亜鉛は髪の毛の主成分である「ケラチン」を合成するために必要な成分で、ビタミンB群は血行促進や頭皮の酸化防止により、育毛・発毛に必要な頭皮環境を整えることに役立ちます。

カロリーが高いため食べ過ぎには注意です。

 

卵はタンパク質が豊富でコスパが良い

卵はタンパク質が豊富です。

タンパク質は髪の毛の主成分となっている「ケラチン」を合成するために必要な成分です。

また、コスパが良いことも継続するために役立ちます。

 

納豆はAGA対策の期待ができる大豆イソフラボンが豊富

納豆には大豆イソフラボン、タンパク質が豊富です。

イソフラボンは、亜鉛と同じくAGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果が期待できることが近年の研究でわかってきています。

元々納豆は食わず嫌いでしたが、今では毎日食べています。

 

牡蠣は亜鉛の含有量がとても多い

牡蠣は、他の食べ物と比べて亜鉛の含有量が非常に多いです。

さらに、ビタミンやアミノ酸も多く含まれているため、亜鉛の吸収も良いです。

毎日食べられるものではありませんが、おすすめです。

 

レバーは亜鉛や鉄分を多く含む

レバーは、亜鉛や鉄分、各種ビタミンを多くに含んでいます。レバーの中でも、特に亜鉛が多いのは豚レバーです。

なお、ビタミンAは体内に蓄積されるため、ビタミンAのサプリを飲まれている方は過剰摂取に注意が必要です。

好き嫌いが別れるかもしれませんが、得意な方にはおすすめです。

 

うなぎはビタミンAの他亜鉛も多く含む

うなぎは、ビタミンA(レチノール)を特に多く含み、その他亜鉛や各種ビタミンも豊富に含んでいます。

なお、レバーと同じくビタミンA(レチノール)は体内に蓄積されるため、ビタミンAのサプリを飲まれている方は過剰摂取に注意が必要です。

 

ハゲや薄毛の予防・防止に必要な栄養成分まとめ

ハゲ予防・防止に良い食べ物を紹介してきましたが、主に必要な栄養成分は、タンパク質、亜鉛、イソフラボンです。

ここで紹介した食べ物を意識して毎日食べるのは面倒だという人は、補助的にサプリメントを使うことをおすすめします。

必要な栄養素をバランス良く配合した育毛サプリメントがあります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。